不動産調査のエキスパート 不動産売買に関するコンサルティング・不動産調査。 大田区 品川区
累計1000件を超える売買件数に基づく確かな技術で
“徹底的にエンドユーザーの立場”に立ったコンサルティングおよびフォローをしていきます。
一級建築士や司法書士・弁護士・税理士などとパートナーシップを組み、
力強くお客様をお守りします。
○宅地建物取引主任者 ○住宅ローンアドバイザー ○賃貸不動産経営管理士 ○資産相続コンサルタント

2009年10月20日

自分が火元で他人の家が全焼!!賠償責任は・・・? by不動産ドクター

自分の家から火事を出して、結果隣地の家を燃やしてしまった。。。

失火法 不動産ドクター.jpg

皆様意外に思われるかもしれませんが、実はこの場合(重過失は除く)、賠償責任は問われないのが今の法律です。

平たく言うと、自分の家の火事で他人の家を燃やしてしまっても、無罪っということ!!

隣の人からすればたまったもんじゃありませんよね。


それに、法律上賠償責任はないことにはなっていても、
周りの家を燃やしてしまった人が、(周りの家に賠償もせずに)同じ場所に新た家を建てて住めるか?ということ。


それと、隣の家の人が火災保険に入っていなければ、その人は家を焼け出されて路頭に迷ってしまうということ。



それらをカバーする火災保険の特約として、『類焼損害担保特約』というものがあります。
これに入っていれば、隣地に飛び火して燃やしてしまっても、保険で自分の保険でカバーできるのです。


法的には支払う必要のないものまで火災保険をつける必要がないと考えるか、
なにかあって時でも近隣となるべく円満にするためのことを考えるか、検討する余地はある補償です。


特に都内のように、家と家が近接している場合は必要度が高い保険です。
ぜひ検討してください。




不動産クリニック 不動産調査のエキスパート 鰹盤不動産.jpg





不動産コンサルティング・不動産調査のエキスパート

不動産クリニック 不動産調査のエキスパート 鰹盤不動産.jpg


  

不動産クリニック 不動産調査のエキスパート 鰹盤不動産.jpg





不動産クリニック 不動産調査のエキスパート 鰹盤不動産.jpg










posted by 不動産クリニック 株式会社常盤不動産 at 14:29| Comment(2) | もろもろカルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 榎本 at 2014年04月13日 14:27
佐藤
Posted by 佐藤順子 at 2014年04月23日 16:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

不動産クリニック;株式会社常盤不動産  by不動産ドクター 大田区 品川区

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。