不動産調査のエキスパート 不動産売買に関するコンサルティング・不動産調査。 大田区 品川区
累計1000件を超える売買件数に基づく確かな技術で
“徹底的にエンドユーザーの立場”に立ったコンサルティングおよびフォローをしていきます。
一級建築士や司法書士・弁護士・税理士などとパートナーシップを組み、
力強くお客様をお守りします。
○宅地建物取引主任者 ○住宅ローンアドバイザー ○賃貸不動産経営管理士 ○資産相続コンサルタント

2009年06月02日

明日のためにできること 〜環境への取り組み〜

明日のためにできること


〜環境への取り組み〜


基本理念


当社が 順調に日々の営みが出来ていることは、多くのお客様や取引業者様、地域社会、自然資源、家族などの自分たち以外の方々に支えられている結果だと思っています。



一方で企業活動を通して、排気ガス排出や紙資源、光熱資源などの膨大な量の消費の上に成り立っていることも、”見過ごせない事実”です。

環境問題が世界的な問題となった今日、私たちもこの問題を直視し、できることから始めなければならないと思っています。



そういった、見守り、支えてくださる周りの人々や自然環境・地域社会環境・地球環境に対して、企業活動を通し、“環境”という側面で貢献または配慮し、その取り組みを重要な経営課題と位置づけます。

基本方針
1.事業活動が環境に与える影響を認識する。
2.環境に関する法律・規律・条令等を遵守し、更に環境保全レベルの向上を図る。
3.環境保全には熱生源対策が不可欠であり、事業活動の全ての分野で
省エネルギー、省資源、積極的なリサイクルの推進と廃棄物の削減、
汚染の予防に努める。
4.継続的な環境教育及び、啓発活動により当社で働く全ての人に環境方針の
理解と環境保全の意識向上、環境管理の励行を図る。
5.“いつかやること”ではなく、“今できること”を意識し実践する。


《具体的な取り組み》
1.商品構成に於いて解体→新築よりは既存使える建物は
 最大限リフォームをする(=建築資材や物流を抑制・廃棄物抑制=CO2削減)。


2.新築商品構成に於いてオール電化を意識し、推進する(=CO2削減)


3.出張などの移動にはなるべく車ではなく公共交通機関を使う(=CO2削減)。


4.近場の移動はなるべく車ではなく自転車を使う(=CO2削減)。


5.社内伝達郵便には再生紙や再生封筒を使う(=紙の消費を減らす)。


6.個人情報書類や廃棄紙と再生紙を分別し再生紙を最大限利用する
(=紙の消費を減らす)。


7.再生紙を保育所や児童館などの公共機関にまとめて寄付し『お絵かき用紙』と
 して役立っています(=リサイクル推進)。


8.ゴミ担当者を決め、ゴミの分別を徹底する(=リサイクル推進)。


9.お客様への情報伝達はなるべく、“コピー→郵送”ではなく
 スキャン→メール送信”にする。また、社内業務連絡も最大限
 Eメールを活用する。(=紙の消費を減らす)。


10.環境に配慮した低燃費走行の講習を受けました(=CO2削減)。


11.社内ではクールビズ・ウォームビズを推奨してます(=CO2)


12.冷房は28度以上、暖房は20度まで(=CO2)。





小さなことの積み重ねですが、それがいつしか大きなことになることを信じ、その取り組みを維持増大させていきます。



不動産クリニック
株式会社常盤不動産

東京都大田区池上6-1-3
TEL03-6410-3630








平成21年6月 株式会社常盤不動産 代表取締役 鈴木豪一郎



不動産コンサルティング・不動産調査のエキスパート

不動産クリニック 不動産調査のエキスパート 鰹盤不動産.jpg




【関連する記事】
posted by 不動産クリニック 株式会社常盤不動産 at 16:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
佐藤
Posted by 佐藤順子 at 2014年04月21日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

不動産クリニック;株式会社常盤不動産  by不動産ドクター 大田区 品川区

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。